• 株式会社サンエー主催・リアル会場開催
    企業向け自家消費型太陽光セミナー

    昨今のウクライナ情勢と円安で原材料の高騰と更に電気代の高騰が起きているのは周知の事実だと思います。

    更に電力会社各社は政府に電気代の値上げの上限撤廃を申し出ています。

    それにより来年の4月からは電気代が2割から3割アップします。

    自家消費型太陽光発電は電気代削減だけでなく、補助金や優遇税制などのメリットがあります。

    今回はリアル会場開催ですので、『全体説明会』『個別相談会』の2部構成となっております。

    企業向け自家消費型太陽光セミナーに参加する

昨今上昇している電気代を削減するための方法を解説いたします

電気代高騰の原因

            (1)燃料調整費の高騰                                               (2)再エネ賦課金の上昇
              燃料調整費とは発電するにあたって必要な石油・LNG・石炭などの                 再エネ賦課金とは固定価格買取制度(FIT)によって再生可能エネルギーを
               燃料コストを月々の電気代に反映したものとなっています。                       電力会社が買い取る際に必要な費用の一部を国民で負担する制度のことです。          東京電力における2021年11月では‐1.48円/kWhでしたが                                   2012年時点で0.22円/kWhでしたが
      2022年11月には9.39円/kWhと大幅に増額しています。                           2022年には3.45円/kWhと15倍以上の上昇となりました。
                                 
                     

           このような方におすすめ

脱炭素経営を達成したい方必見

脱炭素に取り組むことは社会や環境に貢献するだけでなく、自社にもメリットがあります!

業績向上につながる脱炭素経営手法についても

お伝えします。

電気代を削減したい方必見

コロナ禍による需給バランスの変化、ロシア・ウクライナ情勢を受け、電気料金が上昇しています。

特に燃料調整費や再エネ賦課金が上昇する中、

電力会社から電気を購入しない方法を解説します。

太陽光発電に興味がある方必見

電気代を削減するためには自家消費太陽光発電の導入がおすすめです。

作った電気を売らずに自社で使用し電気代を削減する方法を解説いたします。

セミナーで解説するポイント

近年の
電気代高騰の原因

脱炭素の潮流と
​これからの対策方法

電気代の値上がりの
​対策方法

太陽光発電を導入する
​シミュレーション

太陽光発電の導入手法
​はどれを選択すべきか

太陽光発電の

導入事例

セミナー内容

         14:00~14:30  全体説明会

         14:30~15:30  個別相談会

セミナー開催日時

12/16(金)  14:00~15:30


上記の日程で

開催させていただきます。

セミナー開催場所・費用

開催場所松江商工会議所101号室

住所:島根県松江市母衣町55-4

本セミナーは完全無料セミナーとなっています。

参加者特典

①太陽光シミュレーション3点セット

②トラブル時も安心!メンテナスパック

③防災グッズ7点セット

完全無料対面セミナーとなっています。

まずはお気軽にご参加ください!